2017年02月10日

What’s happening when things don’t move?

February is a cold month and it is a tough season for examinees. In Japan, February and August are known for months that things don’t go well. Perhaps you may think this way. “When will these things move? Until when should I bear?” Sometimes you may feel God forgets me”But I don’t want you to think that is true. 


1. Things are moving even if you can’t see them

For example, deciduous trees lose their leaves in winter and we can’t see any change from the outside. However, their roots are growing under the ground and they come into leaves and flowers in spring. We shouldn’t think things are stopping. 


2. God’s timing has not come

There is a time things don’t seem to be moving. We become impatient but we can’t change anything. The point is, until God’s timing, things don’t go well even though you do your best. However, when God’s time comes, things moves even if you try to stop it.

As the Bible says like this.

”There is a time for everything, and a season for every activity under heaven. (Ecclesiastes 3:1)


3. It is a time to be still and think about yourself

The Bible says, “When times are good, be happy. But when times are bad, consider.”(Ecclesiastes 7:14)The thing that you should do when things don’t go well is considering about yourselfIt doesn’t mean to regret that you have done something wrong. It is a time to notice God is working. He has a better way that is different from yours. You might have lived well to a certain extent, but He wants to show you the way He prepared for you. And He wants to giveyou the way that you will experience His blessings. That’s why he sometimes stops things around you. It’s a good time you come to realize what He is doing for you.


Hope you know the will of God, and your heart will be filled with peace.


“As the heavens are higher than the earth, so are my ways higher than your ways and my thoughts than your thoughts.”(Isaiah 55:9)


Senior Pastor  Masao Nakanishi

posted by kbcc-monthly at 16:37| Comment(0) | English

2017年02月02日

第169回2017年2月のメッセージ「事が動かない時、何が動くか?」

二月は季節的にも厳しく受験生にとっても試練の時、また一般の方々には「二、八」といって事がうまく行かない月と言われます。そう言う時ですから、思うように動かず、「いつまで!?」って思うこともあるのではないかと思います。でも「事が動かず、神様も自分のことをお忘れになっているのではないか」というのは違うのです。


1.先ず目に見えない部分がちゃんと動いています。

例えば、落葉樹は真冬になるとすっかり葉っぱを落としてしまい、外側には何も変化が見られません。しかし目には見えない大地の中には次の春の成長のために、根をもう一回り長く延ばしているのです。「事が動かない」というのも、見える部分だけの話なのです。


2.「神の時」が来ていないからです。

確かに事態が動かないように見えるときがあります。そんなとき焦るのですが、焦っても、どうにもなりません。要するに「神の時」が来ないなら、人間的に色々ともがいても、事は成りません。しかし「神の時」が来れば、周りがどうあがこうと事は動いていくのです。有名な聖書の一節に「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」(伝道者の書3章1節)とある通りです。


3.静まって反省するときです。

 聖書の言葉に「順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ」(伝道者の書7章14節)

とあります。事が動かない時にすべき事は「反省」だというのです。この反省は、自分が悪かったというような思いではなく、今まである程度生きてこれた自分の生き方とは異なる生き方や方法を神が示し、更なる高い道を歩ませるために、事動かないようにしておれる、それに気づくべき時でもあるのです

ですから、どうぞ神の御心を知られて心平安に過ごされますように。


「天が地よりも高いように わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い」(イザヤ55章9節)

                           牧師 中 西 正 夫

posted by kbcc-monthly at 12:51| Comment(0) | 今月のメッセージ