2017年06月26日

A Navel String and Baby Shoes

A Navel String and Baby Shoes


A long time ago, we invited missionaries from the United States as a short term English teacher. One of them was a mother who brought up four children. One day, a group of our church ladies talked about this topic. “What do you have for a memory of your child(ren) when they were babies?” Japanese mothers answered they have a navel string in a paulownia box one after another. When the American missionary was asked, she said she didn’t have it but had a pair of baby shoes. While a navel string shows a bond of affection, a pair of baby shoes show a first step of independent. The ladies and I were surprised the difference of the way of thinking between Japan and the United States.


Though it is wonderful to make the bond strong, nowadays many terrible affairs, which breaks the bond between parents and child(ren), have happened in Japan. This is a matter of life. We have to think about its importance. According to the Bible, the maker of life is not parents, but God, the Creator of all things. The Bible says,


 “For we are God’s workmanship, created in Christ Jesus to do good works, which God prepared in advance for us to do.”  (Ephesians 2:10)


You are “God’s masterpiece” and you have a purpose for which you are made. It is to do “good works”. You are created by God as a unique and only existence in the world. You also are given a mission to do good works. Moreover, the works have been prepared beforehand. Only you can do the works, not others. Do you want to know what they are? Come to our church and hear the word of God. May God bless you.    


Senior Pastor  Masao Nakanishi

posted by kbcc-monthly at 15:36| Comment(0) | English

2017年06月02日

第182回2017年6月のメッセージ「へその緒とベビーシューズ」

音声で聞く


「へその緒とベビーシューズ」

17年6月メッセージ)


以前、私達の教会に米国から短期英会話宣教師をお迎えしたことがありました。4人の子供さんをりっぱに育て上げたお母さんでしたが、ある時、婦人会で「自分の子供の小さかったときの記念に何を持っていますか」ということが話題になりました。日本のお母さん達は桐の箱に入っている「へその緒」と口々に答えました。アメリカでは?と尋ねられたその宣教師は「ベビーシューズ」と答えました。親と子の絆を結ぶ「へその緒」と、親からの独立の第一歩を表す「ベビーシューズ」…随分考え方が違うものだと驚かされたものです。

親と子の絆を大切にするというのはとても素晴らしいことですが、その日本で昨今「へその緒」に象徴される親と子の絆が破壊されるような事件が頻繁に起こっています。

「命の重さ」が問われているのです。聖書によれば、命の作者は親ではなく万物の創造者である神なのです。聖書にこうあります。

「私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをもあらかじめ備えられたのです」(エペソ2:10)

あなたは「神の作品」なのです。しかも造られた目的があります。それは「良い行い」をするためです。あなたはユニークな世界でただひとりの存在として神によって造られ、「良い行い」を果たす使命を与えられた存在なのです。しかもそれは「あらかじめ備えられている行い」なのです。あなたでなければ果たし得ないその行いを知るために聖書をお知りになりませんか。ぜひ教会にお出かけください。祝福があなたにありますように。                          牧師 中 西 正 夫

posted by kbcc-monthly at 12:19| Comment(0) | 今月のメッセージ