2017年07月05日

第183回 2017年7月のメッセージ「見つかるまで捜す人は」

しばらく前のことですが、妻が鍵を失くして職場から帰宅しまし。自宅の鍵だけでなく、他の大事な鍵も幾つか失くしたため、私も一緒に探しに出かけました。歩いた道を隅々まで調べ、駅のプラットフォームや階段を探しましたが、見つかりません。すると、また問題が起こりました。今度は職場に戻る途中で、電車の回数券まで失くしてしまいました。探しに出かけたことによって、落とし物がさらに増えてしまったのです。


しかし、私たちは探すのを諦めませんでした。幸い、苦労した甲斐もあり、鍵は職場で無事見つかりました。あとは回数券です。一度失うと、もう一度、支払いをしなければならないため、必死に探しました。感謝なことに、誰かが駅員に届けてくれたことが分かり、後日、終点の駅に取りに行くことになりました。本当に焦りましたが、2つとも帰ってきたのです。


聖書に「求めなさい。そうすれば、与えられます。捜しなさい。そうすれば、見つかります。叩きなさい。そうすれば、開かれます」という有名な言葉があります(マタイ77節)

「誰であれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、叩く者には開かれ()というのです。

これはキリストの言葉ですが、あなたも、一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか私もこの言葉に励まされ、求め続けた結果、実際に与えられたという経験何度あります。


こういう話をすると、「本当にそうかな」と言われる方もおられるかと思います。確かに、現実には、簡単には手に入らないものというのもあると思います。しかし、聖書は言います。

「求め続けなさい。捜し続けなさい。叩き続けなさい。」どうしても、手に入れたいなら、熱心に継続して、求めていく必要があるというのです。多くの場合、私たちは何かを手に入れる前に諦めてしまうことがあるのではないでしょうか。


神様は良いお方です。私たちに良い物を拒まれることはありません。私たちに必要なものであれば、それは必ず与えられます。あなたの上に、神様の祝福が豊かにありますように!



伝道師 後藤献四郎

posted by kbcc-monthly at 12:52| Comment(0) | 今月のメッセージ