2017年12月02日

If there were no Christmas

Not because I am a pastor, but if there were no Christmas, the world would be much dimmer. There would be no Jingle Bells, no White Christmas, no singing of the Silent Night, or no Christmas presents. There would be no pretty illuminations, no Hallelujah Choirs, no parties, no Christmas cakes. It would be such a dim year ending. However, that is not the ultimate loss. The true loss is the loss of salvation given by Jesus Christ who is the hero of the Christmas;

1. We would lose the way of winning the victory over death, which is the greatest fear of mankind,
2. There would be no forgiveness at the Judgement Day by God after our death,
3. The absolute and true value of ourselves would not be provided by anyone,
4. There would be no relief from our fears or loneliness,
5. There would be no peace of mind during our time in troubles.

We would lose all those wonderful things Jesus Christ had done for us. So, when we think of it, we can see how important the salvation given through the birth of Christ was. And that salvation was even given us for free. Listen to the words of Christ,
“I am the light of the world. Whoever follows me will never walk in darkness, but will have the light of life. (John 8:12, NIV)”

I pray for you that you would visit a church on one of Sundays in the month of December where Christmas is celebrated, and receive this wonderful joy for yourselves.

Senior Pastor Masao Nakanishi

posted by kbcc-monthly at 10:19| Comment(0) | English

188回2017年12月のメッセージ「もしクリスマスがなかったら」音声で聴く。

「もしクリスマスがなかったら」
私が牧師だからと言うのではないのですが、もしクリスマスがなかったら、世界はずいぶん暗い年末になるでしょうね。ジングルベルもホワイトクリスマスも聖しこの夜も歌われなくなり、クリスマスプレゼントもなくなる。イルミネーションもなくなり、ハレルヤコーラスも歌わなくなり、パーティやケーキもキャンセル…非常に寂しい年末になってしまいます。でもそれは究極的な損失ではないです。本当の損失はクリスマスの主人公であるイエス・キリストによる人類の救いを得られなくなるという損失です:
1.人類最大の不安である死に打ち勝つ道が無くなる
2.死後にある神の裁きから解放する罪の許しが得られなくなる
3.誰もが与ええない絶対的な自分の価値が分からなくなる
4.人生の孤独や恐れから解放される道を失う
5.不安な問題の中にも消えない平安が得られなくなる

イエス・キリストが私たち人間のためにしてくださった素晴らしい救いをことごとく失うことになってしまいます。そう考えるとキリストの誕生による人類の救いはいかに重要なものであるかが分かります。しかもこれらは無代価なのです。キリストの言葉をお聞きください。「わたしは世の光です、わたしに従う者は決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです」(ヨハネ8章12節)
ぜひあなたもクリスマスが祝われる12月の日曜日、教会においでになってこの素晴らしい喜びをご自分のものとされますようにお祈りいたします。 
牧師 中 西 正 夫
posted by kbcc-monthly at 10:18| Comment(0) | 今月のメッセージ