2018年03月11日

On Whose View Do You Stand?

On whose view do you stand?


A few days ago, I was reading a book about parenting written by a tutor of a private tutorial school.  This author gives advices to those parents having difficulties raising children.  In that book, an interesting experience was introduced.


One day, a boy who does not like much of studying came to the tutorial school with the result of a mid-term exam.  As usual, the score was not good, about 30 out of 100.  So I told him to try harder next time.  However this boy was not disappointed at all.  He was satisfied with his score, and was even proud of it.


Then I realized.  I was measuring him with my own scale.  I was judging him whether he did well or not, based on my own scale.  It was wrong.  I did not realize that he had his own scale to measure his performance.  Tutors must measure students performance based on their scale.


And the author concluded as if we could measure their performance based on their scale, all children would perform well.  When we treat them as capable children, then they will perform much better.  


As I read this book, it reminded me of the verse from the Bible which Christ taught us.

In everything, do to others what you would have them do to you. (Matt 7:12)


Usually, we look at a situation from our own perspective. We measure others with our own scale, and asking for more or trying to convince them with our own belief.  But it does not work.  First of all, we must learn to see from their view and use their scales to understand them.  This book was eye-opening for me.


Surly as a child, I was happy to be understood and told that I did a good job.  It made me try harder.  The above quotation of Christ is calledthe golden rule.”  We sure would like to live like that.


On whose view do you stand?


Youth Pastor, Kenshiro Goto


posted by kbcc-monthly at 08:45| Comment(0) | English

2018年03月01日

191回2018年3月のメッセージ「誰の視点で見ていますか?」音声で聴く。

誰の視点で見ていますか?


先日、私は子育ての本を読ました。塾講師が書いた本ですこの方は子育てに悩む多くの保護者に、子育てのヒントを提供しています。その中で、興味深い体験を紹介していました。

だいたい、こんなお話です。


ある日、勉強の苦手な男子生徒定期テストの結果を持ってきました。案の定、あまり良くありません。30点台でした。それを見た自分彼に次は頑張ろうと励ましました。しかし、その生徒は全然がっかりしていませんでした。彼はその点数に十分満足しており、今回は自分もよく頑張ったと自慢気だったのです


その時、気づきました自分は勝手に自分の尺度でこの子を見ていた。自分の尺度でできるできないを判断していたと。しかし、それは間違いでした。というのは、彼は自分で自分の尺度を持っているからです。自分の尺度でできるできないを判断しているのです。講師も生徒を判断するなら、生徒の尺度で見、判断しなければなりません


そして、こう結論づけています子どもの尺度見るならば、全ての子どもはできる存在です。できる存在として子どもと接した時、子どもは本当にできる存在になるのです」と。


この話を読んだ時、一つの聖書の言葉が思い浮かびました。キリストが語られた言葉です。「何事でも、自分にしてもらいたいことは、他の人にもそのようにしなさい。(マタイ7:12)」


私たちは多くの場合、自分の視点で他人を見ています。そして、自分の尺度で相手を測り、「もっと○○しなさい」とか、理屈で説得しようとするのです。けれども、そのやり方では上手くいきません。まずは、相手の視点に立ち、その人の尺度で判断することを学ぶ必要があります。私も、この事を深く教えられ、目が開かれる思いがしました。


私はまた、逆の立場考えてみました。確かに、自分が子どもだった時、人に自分の気持ちを理解され、「よく頑張ったね」と評価された時、「もっと頑張ろう」と素直に思えました。

上記のキリストの言葉は、人間関係を良好にする秘訣であり、黄金律(ゴールデンルール)と呼ばれています。ぜひお互いに実践していきたいものです。


あなたは誰の視点で人を見ていますか?



伝道師 後藤献四

posted by kbcc-monthly at 10:09| Comment(0) | 今月のメッセージ