2018年05月07日

“Before making others to be changed”

Before making others to be changed


In these days, the “human relationship” is becoming the major cause of our stress.  The feeling of exhaustion after the series of National Holidays from the end of April to the beginning of May (the Golden Week) is called the “Satsuki-byo (the May depression).”  And, it is believed that the cause of this depression is related to human relationship.


In many cases, people feel stress when “others do not do as he or she wishes to do.”  For example, if you were a teacher, then you may feel “my student does not want to study, even I try so hard to help.”  So, you may push your student to study against his or her wishes.  Yet your student would hate studying more and more.  The harder you would try, your effort would become useless.


In the book written by Masatoshi Koshiba, the Nobel Prize winner says “a student becomes fond of you who teach mathematics, not because he likes mathematics.  He becomes fond of mathematics, because you are an attractive person to him. That’s how elementary and junior high school students are.  Even, senior high school students are the same.”


I thought “that makes sense.”  The first thing we as adults can do for children is to change our ways of teaching.  Further, we should try to become an attractive adult.  It may seem a detour to create a good and trusting relationship with children, yet it really is the shortcut to success.


And this fact had been taught in the Bible written more than 2000 years ago.  Christ said “Why, then, do you look at the speck in your brother's eye and pay no attention to the log in your own eye?    First take the log out of your own eye, and then you will be able to see clearly to take the speck out of your brother's eye. (Matthew 7:3, 5 TEV)”


We are fast in finding others fault.  Yet, when we observe ourselves closely, we find there are things which we cannot change for ourselves.  “If I change, the world will change”, and it is true. If we want to say something to someone, then think twice to take a look at ourselves.  In the end, that would give us a favorable result.


Youth Pastor

Kenshiro Goto

posted by kbcc-monthly at 20:53| Comment(0) | English

193回 2018年5月のメッセージ「人を変える前に」音声で聴く。

「人を変える前に」


今日、人間関係はストレスの大きな原因になっています。ゴールデンウィーク明けに、心身が疲れる症状を五月病と呼ぶそうですが、その背景には、人間関係に起因する問題も含まれているようです。


多くの場合、人がストレスを感じるのは「相手が自分の期待通りに行動してくれない」と感じるからです。例えば、教師であれば「生徒が勉強してくれない。私がこれだけこの子のことを助けようとしているのに」等と感じる訳です。そこで、無理にでも勉強をさせようとするのですが、それでは生徒がますます勉強嫌いになってしまいます。熱を入れれば入れるほど、勉強の印象を悪くしてしまい、これでは逆効果です。


ある本に、こんな事が書いてありました。ノーベル物理学賞を受賞された、小柴昌俊教授の興味深い言葉です。「数学が好きだから、数学を教えてくれる先生を好きになるということじゃない。数学の先生に魅力があるから数学という教科に興味を持つんです。それが小・中学生です。いや、高校生だってそうです。」


「なるほど!」と思わされました。子どもたちのために、大人ができる最初のステップは、教え方を変えることではないのです。むしろ、「自分が子どもにとって魅力ある大人になる」ことです。子どもと良い関係を築き、子どもに好かれるように自分磨きをすること。これが、遠回りのようで、実は最も近道なのです。


この事について、聖書は既に2,000年前から語っています。キリストは、こう言われました。

「なぜ、あなたは兄弟の目の中の塵に目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。…まず、自分の目から梁を取りのけなさい。そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、塵を除くことができます。(マタイ73,5節)」


人の欠点に気付きやすいのが私たちですが、自分を注意深く見つめてみると、自分にも変えられなければならないところが沢山あります。ある人はこう言いました。「自分が変われば、世界は変わる。」その通りです。何か相手に言いたいことが出てきたら、まずは自分を振り返ってみる。そして自分を直す。これが結局、自分にも良い結果をもたらしてくれるのです。


伝道師 後藤献四郎


posted by kbcc-monthly at 20:51| Comment(0) | 今月のメッセージ