2019年01月04日

第201回1月のメッセージ「1年を最高のものとするために」後藤献四郎伝道師音声で聴く。

             「1年を最高のものとするために」


新年を迎えました。多くの人は、新しい年に期待し、「今年こそ幸せな年でありますように」と願います。しかし、いかがでしょう。数週間経てば、変わらない現実を知らされ、新年の願いも幻想と化し、「ああ、また今年も、今までと同じだ」と嘆くのです。なぜでしょうか?


それは、私たちが物事を判断する時、無意識のうちに「自分」を中心に据えているからではないでしょうか。「私は正しい」と考えてしまうので、物事が自分の願った通りに進まなくなると、イライラし、ストレスがたまるのです。


パウロは、聖書の中でこう言っています。「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神の御心は何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい(変えて頂きなさい、の意)。誰でも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神が各々に分け与えて下さった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。(ローマ122-3節)」


多くの場合、私たちは「自分が正しい」と考えているため、物事がうまくいかない原因を、他人や環境のせいにしてしまいます。しかし、他人や環境を責めている間は、残念ながら、事態が変わることはありません。これは、お互いに経験することではないでしょうか。


ここで、聖書に倣って「慎み深い考え方」をする必要があります。つまり、こういう事です。

「私は『自分が正しい』と思っているが、何を根拠に正しいと言えるのか?もしかすると、それは、ただの独りよがりで、間違っているのは自分ではないのか?」と。


多くの場合、最も変わらなければならないのは、「自分」であったりします。そして、自分が考え方を改める時、物事に対する視点も変えられ、行動も変わっていくのです。すると、事態が動きます。変わらないと思われた状況に変化が生まれ、多くの場合、好転するのです。


最後に、覚えておきたいことがあります。私たちは自分で自分を変えることはできません。パウロはそう語っています。それができるのは神だけなのです。まずは、「私は正しい」という拘りを見直し、これを捨てること。実は、これこそ、祝福への近道ではないでしょうか。


伝道師 後藤献四郎

posted by kbcc-monthly at 11:06| Comment(0) | 今月のメッセージ