2019年06月10日

June 2019 monthly message "The optimum vs. the best"

The optimum vs. the best



2000 years ago, Jesus said “do not worry about your life.”  It seems Jesus knew about the anxieties and worries in our time.  Of course, nobody wants to be anxious or worry.  Yet, there many situations that lead all of us to be anxious and worry.


When Jesus taught us “not to worry,” he also added the reason for it.  “Look at the birds of the air; they do not sow or reap or store any in barns, and yet your heavenly Father feeds them.  Are you not much more valuable than they?  Father will not hesitate to do much better for you.”  This “much better” really means “the optimum.”  Some may say “who would call the handicap I have, or being in such a miserable condition, the optimal condition?”  But the thing I want you to know is that God leads us into the optimal condition for us, not the best condition we think of.


There are stories of Joseph and Job who went through much suffering.  They had to go through much suffering which had nothing to do with their wrongdoings.  They suffered for many years, but they were led to such peaceful lives.  Their sufferings were needed to become mature.  When we think of these, we know it may not be the best condition when we suffer.  But, there will be a time that you would be led to think it was the optimal condition for you.


“And we know that in all things God works for the good of those who love him. (Roman 8:28)”


You may live in a harsh condition, now.  I pray that you to love your creator, and to believe God who will lead you to the optimal.


Senior Pastor

Masao Nakanishi

posted by kbcc-monthly at 10:37| Comment(0) | English

2019年06月01日

第206回 2019年6月のメッセージ「最善と最高」中西正夫牧師音声で聴く。

「最善と最高」

 (19/6)


「明日を思い煩うな」とはキリストが二千年前に語られた言葉ですが、まるで現代に生きる人々の不安と心配を知り抜いておられるような言葉です。

もちろん誰も好きこのんで心配などしません。しかし心配せざるを得ない状況がそこにあるわけですね。


「明日を思い煩うな」と言われたキリストですが、そこにはこう付け足して言われたのです。「空の鳥を見るがよい。彼らは働きも種まきもしない。しかし神は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりはるかに優れた者ではないか。神はあなたがたにそれ以上良くして下さらない筈はない」と。この「良く」という意味は「最善」という意味なんですね。それを聞くとある方は「この環境で、このハンディで何が最善なのか」と不信感を持たれるかもしれません。しかし知っていただきたいのは、神が私達を導かれる人生は「最善」であって「最高」ではないのです。


聖書にでてくる苦難を受けた人物にヨセフやヨブが出てきます。彼らは身に覚えのない苦しみを受け、苦難の人生を長い間過ごすのですが、やがてその苦難を忘れることのできるような幸せな人生に導かれ、受けた苦難が役に立ち、人格の成熟に導かれるのです。それを思えば、確かに苦難を受けていたその時の人生は「最高」ではなかったでしょうが、後の幸せを考えると、やはりあの時は「最善」であったと思わされるのです。


「神はすべてのこと働かせて益としてくださることを私達は知っている」

(ローマ8:28)


今、厳しい状況の中にある方もおられるでしょう。ぜひあなたを造りあなたを愛し、あなたを最善に導かれる神を信じてお進みになりますようにお祈りしております。

牧師 中 西 正 夫

posted by kbcc-monthly at 10:42| Comment(0) | 今月のメッセージ