2019年11月06日

The view of being awaken to the truth

           The view of being awaken to the truth


When the painful things keep on happening to us, our spirit goes down.  I had suffered many difficult trials since I my childhood.  They started with poverty, bullying and loneliness.  I lost my confidence in myself, and my school years were very dim.  So many times I thought “why do I have to suffer so much?” 


However, since I believed in Jesus Christ, I started to read the Bible.  And it had changed my thinking.  In the Bible, it says “Because the Lord disciplines those he loves, and he punishes everyone he accepts as a son. (Hebrews 12:6 NIV)”


As we believe Jesus Christ, we become children of God (John 1:12), and God becomes our Father.  If we face much trials, that means God is not being malicious, but rather, he is disciplining us, and those are punishments for us to grow.  I started to understand this meaning, as I started to raise my son. My son loves bread, and tries to eat only bread.  However for his benefit, his diet also requires vegetables and other food that he does not like.  He rejects eating such food, but I patiently feed them even he spits them out or he cries.  I am not bullying him.  I do it because he is so precious to me that I wish him to grow strong and big.


As I changed my point of view, then it also changed my understanding.  Trials are painful things, yet the way I accept those trials has changed.  Before knowing the Bible, I always thought Why me?  Yet now, it is rather the opposite.  I have been accepted as a child of God.  These trials are the proof of his love.


God has a plan for each of us.  Even we face difficult trials, the Bible releases us from unhappiness, and allows us to look up and hope for God.


Youth PastorKenshiro Goto


posted by kbcc-monthly at 22:18| Comment(0) | English

2019年11月今月のメッセージ「目からウロコの視点」音声で聴く。

              「目からウロコの視点!」


辛い事が続くと、元気を失くしてしまいます。私は幼い頃から、試練の連続でした。貧しさに始まり、学校でのいじめ、孤独。。。自分に自信を失くし、暗い学生時代を過ごしました。「なぜ、こんな目に会わなければいけないのか?」と何度も思ったものです。


しかし、イエス・キリストを信じ、聖書を読むようになってから、その思いは全く変えられました。聖書には、こんな言葉があります。「主はその愛する者を懲らしめ、受け入れる全ての子にむちを加えられるからである。(へブル126節)」


私たちは、イエス・キリストを信じることによって、“神の子ども”とされ(ヨハネ112節参照)、神は父となって下さいますが、試練が多いとすれば、それは神の意地悪ではなく、“訓練”であり、私を成長に導くための懲らしめだというのです。私も自分の子育てを通して、その事が少し分かるようになりました。息子はパンが好きで、パンばかり食べたがりますが、成長のためには、野菜や苦手なものも食べさせなければいけません。息子は嫌がりますが、私は息子が泣いても、吐き出しても、根気よく食べさせます。それは、嫌がらせでも何でもなく、我が子を大切に思い、強く、大きく成長してほしいと心から願っているからです。


このように、視点が変えられると、思いも全く変えられます。試練そのものは、やはり辛いのですが、以前とは受け止め方が全く違うのです。聖書を知る前は「なぜ、私だけこんな目に会わなければならないのか」と思っていました。でも今は、むしろ逆です。「私は神様に我が子として受け入れられている。試練もまた、天の父に大切にされている証拠なのだ。」


神は私たち11人に計画を立てておられます。私たちは聖書を通して不満から解放され、

例え、試練や困難に見舞われたとしても、神を見上げ、期待することさえできるのです。



伝道師 後藤献四郎

posted by kbcc-monthly at 22:16| Comment(0) | 今月のメッセージ