2017年10月02日

186回2017年10月のメッセージ「人の限界は神の無限の時」音声で聴く。

リコーの創業者、市村清さんは「生きるは有限、生かされるは無限」と言われたようですが、聖書の世界も又似たところがあります。つまり人生の様々な限界を感じるとき私たちは失望落胆するのですが、その背後に神がおられて、今まで自分の力で生きてきた限界ある人生から、神の無限の力を体験することができる世界があるということなのです。

キリストの12弟子にペテロという漁師が出てきます。後にリーダーになるのですが、キリストに会うまでの彼は、信仰とか聖書とかには一向に心動かされず、信仰よりも魚一匹という生き方をしていました。そんな彼がどうしてキリストを救い主と信じて大きな働きをする人に変えられたかというと、これからお話しする出来事があったのです。

ある日徹夜の漁をしたにもかかわらず一匹の魚も捕れませんでした。以前にもそんな日があったと思われますが、その日はキリストがそば近くで大勢の人に素晴らしい説教をしておられたのに、聞かずに昨夜来の不漁の網を虚しく繕っていたほど失意にあったのです。そんな彼にお話を終えられたキリストは「もう一度舟をこぎ出してあそこに網を打ってご覧なさい。」と言われたのです。ペテロはムッとなったのです。「フン、根っからの漁師の俺様が徹夜で働いて魚一匹獲れなかったのに、大工の倅のアンタに何が解る!」そんな思いだったのです。キリストに赤っ恥をかかせたいと思ったのかも知れませんが「ま、いいでしょう。お言葉に従って網を下ろしてみましょうよ」そうして網を打ったところ、何と、今まで経験したことのない大漁!二艘の船が沈みそうなくらいの大漁だったのです。ペテロは自分の小ささ、貧しさ、無力をイヤという程知らされ、しかもキリストの無限の力を体験したのです。

あなたは今、人生の挫折を体験し、自分の知恵、経験を総動員して事に当たったにもかかわらず、自分の限界を知らされておられますか?もしそうなら、その時が「万事休す」ではなく、神様の無限の力の体験の機会であると知ってお求め下さい。心からお勧めいたします。     牧師 中 西 正 夫
posted by kbcc-monthly at 12:12| Comment(0) | 今月のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: