2018年07月03日

195回 2018年7月のメッセージ「目に入れても痛くない」伝道師 後藤献四郎. 音声で聴く。

「目に入れても痛くない」              伝道師 後藤献四郎.                


先月、私に第一子(男の子)が誕生しました。予定日より早く生まれましたが、私も出産の現場に立ち会うことができました。ついに“父”となりましたが、父になって初めて感じる事、経験することが沢山あります。


早速、毎晩夜泣きに悩まされています。妻と交代であやしますが、なかなか寝てくれません。忙しくなり、部屋も片付けられません。お金もかかりますし、大変疲れます。しかし、です。我が子の寝顔を見ると、とても癒されます。「守ってあげたい」という思いになるのです。


ところで、あなたをそのように見ている方がいる、と言ったら驚きますか。聖書によれば、私たちは偶然存在しているのではありません。神によってデザインされ、造られたのです。親が子どもを見守るように、神はあなたを心に留め、見ておられます。イエス・キリストは、この神を“父”と呼ばれました。神とは、得体の知れない、遠い存在ではありません。人格を持たれ、あなたに深い関心を持っておられるのです。私たちは、祈りを通して神と会話することができます。造り主である神を「お父ちゃん」と呼ぶことができるのです。


父というと、自分の父親を連想する人がいます。私の場合、父親が短気で、近づき難い存在だったので、神もそのような方かと長い間思っていました。しかし、聖書を通して、天の父は決してそのような方ではない。愛情深いというよりも、愛そのものであり、恵みと憐れみに満ちている方だと知って安心したのです。


現代では、多くの子どもたちが、親に愛されたい、認められたい、と必死になっています。しかし、私たちは、天の父に愛されるために努力する必要は全くありません。私の息子は、私に愛されるために良い行いに励む必要は全然ありません。ただ、呼吸をしているだけでもかわいいのです。また、それで十分なのです。聖書に、こんな言葉があります。


「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子を憐れまないだろうか。たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない(イザヤ49:15)。」母親が我が子を忘れることなど決してありません。仮に、そのようなことがあったとしても、神だけはあなたを絶対に忘れないと言われるのです。そのような方がおられるということ、そしてあなたはこの方によって愛されていることを知って頂きたいのです。あなたに、神の祝福がありますように。

posted by kbcc-monthly at 20:51| Comment(0) | 今月のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: