2018年12月03日

第200回12月のメッセージ「それでも人生は変えられる」中西正夫牧師音声で聴く。

「それでも、人生は変えられる」


今まで多くの方から悩みをお聞きしてきました。相談者が「やはり私の性格に問題があるんですよね…性格って変えられますか」と溜息混じりで尋ねられます。それを聞いて私はこう答えます。「性格は神様がお造りになったものですから基本的に変わりません。でも人生は変わりますよ」と。


ここでクエスチョンです。以下の言葉は誰が言ったでしょう?

 @「31才になって私に望ましいのは死だけです」 

A「誰が惨めだと言って自分ほど惨めな人はいない」

 B「私ほど怒りっぽく僻み屋でひねくれた者はいない」


ことごとく暗い言葉ですね。答えは:

@は看護士の鏡と言われたナイチンゲール

Aは米国で最も尊敬された大統領、奴隷解放で有名なリンカーン

Bは前の五千円札の肖像、教育、国際関係功労者の新渡戸稲造


上記三人は自らの「暗い、短気な」性格に悩んでいた人たちです。でも大きな世界的貢献をした人たちでもあるのです。


どうしてそんな風に変えられるのでしょうか。ある人は、「彼らは特別で才能があったからだ」と言います。確かに能力があることは確かでしょうが、それは決定的なことではありません。それ以上に大切なことは、視点が変わる事です。つまり自分自身の性格や環境だけを見て溜息をついたり、時間で変わる他人の評価に一喜一憂する生き方から、自分の欠けや短所をさえ用いて祝福と変える造り主―全能者であり愛の神を見上げる視点を持つことなのです。それが祝福される人生に変えられるのです。


「私たちは見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます、見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くから」

(第Uコリント4:18)


今月はクリスマスが祝われる月です。あなたも一度教会で本当のクリスマスをお過ごしになりませんか。きっと神の祝福に満ちた人生を始められるでしょう。

牧師 中 西 正 夫

posted by kbcc-monthly at 15:05| Comment(0) | 今月のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: