2019年12月29日

2020年1月今月のメッセージ「私たちが忘れても」音声で聴く。

               「私たちが忘れても」


2020年を迎えました。今年も多くの人が初詣に出かけます。願い事をするためです。「今年こそ、良い年になってほしい。」誰もがそう願うことでしょう。


日本人の多くは無宗教とのことですが、殆どの人は正月になると、神社やお寺などの特定の場所に出かけます。「大学に合格しました」「結婚できました」等と報告をする人もいます。でも、普段の生活の中で神についてどれくらい考えるでしょうか。ほぼないのではないでしょうか。神と人間というのは、願い事をささげ、それを叶えるだけの関係なのでしょうか?


聖書によれば、神は全宇宙を造り、支配しておられる唯一のお方です。日本だけではなく、グローバルな、いや、ユニバーサルなお方です。私たちは特定の場所に行く必要はなく、いつでも、どこでも祈ることを通して神と会話することができます(もちろん、教会で祈りますが、祈りは道端でもできるということです)。私たちは、「報告」をする必要もありません。神は私たちの髪の毛の本数までも知っておられるからです。事実、神は私たちが願う前から、私たちの必要を知っておられます。世界中の鳥に今日も餌を与えて養い、数えきれない草花を美しく着飾って下さっています。私たち人間は、神ご自身のかたちに造られた存在です。地球上で最も高価な存在ですから、動植物よりも、もっと良くして下さるのです。私たちは日々の忙しさに神を忘れることがあります。でも、神は決して私たちを忘れることがありません。24時間、私たちを心に留め、生活の細部にまで関心を持たれ、会話したいとさえ願っておられるのです。こんな偉大な神がどこにおられるでしょうか


創造主である神を忘れて、人間が造った神を拝んでいる人が多いのは悲しいことです。私たちは神を忘れているのに、神は私たちを心にかけ、覚えていて下さるのです。ここで、キリストの言葉を1つ紹介します。「神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものは全て与えられます。(マタイ633節)」


私はこれまで、聖書の神を信じて生きてきました。願ったものの全てが与えられた訳ではありません。しかし、神は私に最善の答えを下さり、必要の全てを満たして下さいました。これからの生活も、心配ありません。必要は必ず満たされると約束されているからです。あなたは、何を信じて生きていかれますか?あなたを造られた神は今、あなたの心の戸をたたき、あなたを呼んでおられます。


伝道師 後藤献四郎

posted by kbcc-monthly at 15:43| Comment(0) | 今月のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: