2018年03月01日

191回2018年3月のメッセージ「誰の視点で見ていますか?」音声で聴く。

誰の視点で見ていますか?


先日、私は子育ての本を読ました。塾講師が書いた本ですこの方は子育てに悩む多くの保護者に、子育てのヒントを提供しています。その中で、興味深い体験を紹介していました。

だいたい、こんなお話です。


ある日、勉強の苦手な男子生徒定期テストの結果を持ってきました。案の定、あまり良くありません。30点台でした。それを見た自分彼に次は頑張ろうと励ましました。しかし、その生徒は全然がっかりしていませんでした。彼はその点数に十分満足しており、今回は自分もよく頑張ったと自慢気だったのです


その時、気づきました自分は勝手に自分の尺度でこの子を見ていた。自分の尺度でできるできないを判断していたと。しかし、それは間違いでした。というのは、彼は自分で自分の尺度を持っているからです。自分の尺度でできるできないを判断しているのです。講師も生徒を判断するなら、生徒の尺度で見、判断しなければなりません


そして、こう結論づけています子どもの尺度見るならば、全ての子どもはできる存在です。できる存在として子どもと接した時、子どもは本当にできる存在になるのです」と。


この話を読んだ時、一つの聖書の言葉が思い浮かびました。キリストが語られた言葉です。「何事でも、自分にしてもらいたいことは、他の人にもそのようにしなさい。(マタイ7:12)」


私たちは多くの場合、自分の視点で他人を見ています。そして、自分の尺度で相手を測り、「もっと○○しなさい」とか、理屈で説得しようとするのです。けれども、そのやり方では上手くいきません。まずは、相手の視点に立ち、その人の尺度で判断することを学ぶ必要があります。私も、この事を深く教えられ、目が開かれる思いがしました。


私はまた、逆の立場考えてみました。確かに、自分が子どもだった時、人に自分の気持ちを理解され、「よく頑張ったね」と評価された時、「もっと頑張ろう」と素直に思えました。

上記のキリストの言葉は、人間関係を良好にする秘訣であり、黄金律(ゴールデンルール)と呼ばれています。ぜひお互いに実践していきたいものです。


あなたは誰の視点で人を見ていますか?



伝道師 後藤献四

posted by kbcc-monthly at 10:09| Comment(0) | 今月のメッセージ

2018年01月31日

190回2018年2月のメッセージ 「戦いに勝たせるもの」音声で聴く。

「人生は戦いである」と昔から言われてきました。若い人は受験との戦いがあるでしょうし、その他ビジネスの戦い、病気や自分との戦いなど死ぬまで戦いです。ちょっとうんざりですね…しかし何と素晴らしいことに、その戦い勝利する道が聖書に教えられています。それは大きな力ではなく小さな力でいいのです。小さな力が素晴らしい結果を生むのです。

 

時は、ヨシャパテ王という旧約聖書に出てくる時代。彼は大変な困難(戦争)に巻き込まれました。敵軍はアモンとモアブの同盟軍。このまま行けば勝ち目がありません。不安と恐れが支配します。常套手段なら兵の数を増やし武器を整備する事でしょうが、ヨシャパテは違いました。軍隊強化の道ではなく、「感謝と賛美隊」を作ること!これが大勝利の結果を生み出しました。嘘だと思うかもしれないが歴史の事実です(第二歴代20:20―23を御参照下さい)

「感謝は事態を変える力」です!!!

 

金剛教会玄関入口近くにある掲示板に…花の木の下に犬座る絵があり、そこにこんな言葉がありました「あんなに喜んで感謝できるなら私にも尻尾がほしい」どんなときにも犬が尻尾を振る姿を思い出しました。私達もまねたいものです。そして大勝利を生み出す神様のみわざを見たいですね。 

牧師 中 西 正 夫

 

posted by kbcc-monthly at 12:27| Comment(0) | 今月のメッセージ

2018年01月06日

189回2018年1月のメッセージ「安心保証付きの保険」音声で聴く。

「安心保証付きの保険」

2018年を迎えました。お正月には、一年の計画を立てる人も多いと思います。私も毎年、立てています。「今年は○○に挑戦しよう。○○を学ぼう。体重を○kg減らそう」等です。

ただ、私たちは人間ですから、明日どうなるのかということは誰にも分かりません。物事が願い通りに進めばいいですが、大抵そうならないのが現実であり、お互いの知るところです。夢や希望を胸に抱きつつ、最悪の事態もどこかで想定しなければなりません。仕事を失う、病気にかかる、災害に巻き込まれる、最悪の場合は死…等です。

何か起こった時、家族や友だちは助けてくれるかもしれません。しかし、誰も「あなた」と代わることはできません。まして、最後の最後まで責任を取ることはできないのです。いざという時、あなたは誰を頼りに問題を乗り越えますか。自分を叱咤激励しますか。健康な時はそれで良いかもしれません。しかし、それではどこか心もとないと思われませんか。

私は「保険」に入っているので、安心です。保険と言っても、どこかの保険会社のものではありません。それは聖書という保険です。イエス・キリストという名の保険とも言えます。

この保険に加入されるなら、明日何が起こっても安心することができます。なぜでしょう?というのは、特典があるからです。以下に、そのごく一部を紹介しましょう。

・生活に必要な物は全て備えられ、与えられる(マタイ6:33)
・耐えられない試練はない。ピンチの時にも脱出の道が与えられる(Tコリント10:13)
・試練のただ中で、平安(揺るがない安心感)が与えられる(ピリピ4:6-7)
・どんな不幸に見舞われても、最終的にはそれが益となる(ローマ8:28)
・たとえ死んでも、天国に受け入れられ、永遠の命が与えられる(ヨハネ5:24)

この保険の素晴らしい特徴は、月々の料金が全くの無料ということです!面倒な手続きも、更新料も一切かかりません。あなたも保険を見直してみませんか…?2018年が間違いなく素晴らしい年になることを保証します。


伝道師 後藤献四郎 
posted by kbcc-monthly at 14:09| Comment(0) | 今月のメッセージ