2018年01月31日

190回2018年2月のメッセージ 「戦いに勝たせるもの」音声で聴く。

「人生は戦いである」と昔から言われてきました。若い人は受験との戦いがあるでしょうし、その他ビジネスの戦い、病気や自分との戦いなど死ぬまで戦いです。ちょっとうんざりですね…しかし何と素晴らしいことに、その戦い勝利する道が聖書に教えられています。それは大きな力ではなく小さな力でいいのです。小さな力が素晴らしい結果を生むのです。

 

時は、ヨシャパテ王という旧約聖書に出てくる時代。彼は大変な困難(戦争)に巻き込まれました。敵軍はアモンとモアブの同盟軍。このまま行けば勝ち目がありません。不安と恐れが支配します。常套手段なら兵の数を増やし武器を整備する事でしょうが、ヨシャパテは違いました。軍隊強化の道ではなく、「感謝と賛美隊」を作ること!これが大勝利の結果を生み出しました。嘘だと思うかもしれないが歴史の事実です(第二歴代20:20―23を御参照下さい)

「感謝は事態を変える力」です!!!

 

金剛教会玄関入口近くにある掲示板に…花の木の下に犬座る絵があり、そこにこんな言葉がありました「あんなに喜んで感謝できるなら私にも尻尾がほしい」どんなときにも犬が尻尾を振る姿を思い出しました。私達もまねたいものです。そして大勝利を生み出す神様のみわざを見たいですね。 

牧師 中 西 正 夫

 

posted by kbcc-monthly at 12:27| Comment(0) | 今月のメッセージ

2018年01月06日

189回2018年1月のメッセージ「安心保証付きの保険」音声で聴く。

「安心保証付きの保険」

2018年を迎えました。お正月には、一年の計画を立てる人も多いと思います。私も毎年、立てています。「今年は○○に挑戦しよう。○○を学ぼう。体重を○kg減らそう」等です。

ただ、私たちは人間ですから、明日どうなるのかということは誰にも分かりません。物事が願い通りに進めばいいですが、大抵そうならないのが現実であり、お互いの知るところです。夢や希望を胸に抱きつつ、最悪の事態もどこかで想定しなければなりません。仕事を失う、病気にかかる、災害に巻き込まれる、最悪の場合は死…等です。

何か起こった時、家族や友だちは助けてくれるかもしれません。しかし、誰も「あなた」と代わることはできません。まして、最後の最後まで責任を取ることはできないのです。いざという時、あなたは誰を頼りに問題を乗り越えますか。自分を叱咤激励しますか。健康な時はそれで良いかもしれません。しかし、それではどこか心もとないと思われませんか。

私は「保険」に入っているので、安心です。保険と言っても、どこかの保険会社のものではありません。それは聖書という保険です。イエス・キリストという名の保険とも言えます。

この保険に加入されるなら、明日何が起こっても安心することができます。なぜでしょう?というのは、特典があるからです。以下に、そのごく一部を紹介しましょう。

・生活に必要な物は全て備えられ、与えられる(マタイ6:33)
・耐えられない試練はない。ピンチの時にも脱出の道が与えられる(Tコリント10:13)
・試練のただ中で、平安(揺るがない安心感)が与えられる(ピリピ4:6-7)
・どんな不幸に見舞われても、最終的にはそれが益となる(ローマ8:28)
・たとえ死んでも、天国に受け入れられ、永遠の命が与えられる(ヨハネ5:24)

この保険の素晴らしい特徴は、月々の料金が全くの無料ということです!面倒な手続きも、更新料も一切かかりません。あなたも保険を見直してみませんか…?2018年が間違いなく素晴らしい年になることを保証します。


伝道師 後藤献四郎 
posted by kbcc-monthly at 14:09| Comment(0) | 今月のメッセージ

2017年12月02日

188回2017年12月のメッセージ「もしクリスマスがなかったら」音声で聴く。

「もしクリスマスがなかったら」
私が牧師だからと言うのではないのですが、もしクリスマスがなかったら、世界はずいぶん暗い年末になるでしょうね。ジングルベルもホワイトクリスマスも聖しこの夜も歌われなくなり、クリスマスプレゼントもなくなる。イルミネーションもなくなり、ハレルヤコーラスも歌わなくなり、パーティやケーキもキャンセル…非常に寂しい年末になってしまいます。でもそれは究極的な損失ではないです。本当の損失はクリスマスの主人公であるイエス・キリストによる人類の救いを得られなくなるという損失です:
1.人類最大の不安である死に打ち勝つ道が無くなる
2.死後にある神の裁きから解放する罪の許しが得られなくなる
3.誰もが与ええない絶対的な自分の価値が分からなくなる
4.人生の孤独や恐れから解放される道を失う
5.不安な問題の中にも消えない平安が得られなくなる

イエス・キリストが私たち人間のためにしてくださった素晴らしい救いをことごとく失うことになってしまいます。そう考えるとキリストの誕生による人類の救いはいかに重要なものであるかが分かります。しかもこれらは無代価なのです。キリストの言葉をお聞きください。「わたしは世の光です、わたしに従う者は決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです」(ヨハネ8章12節)
ぜひあなたもクリスマスが祝われる12月の日曜日、教会においでになってこの素晴らしい喜びをご自分のものとされますようにお祈りいたします。 
牧師 中 西 正 夫
posted by kbcc-monthly at 10:18| Comment(0) | 今月のメッセージ