2017年02月02日

第169回2017年2月のメッセージ「事が動かない時、何が動くか?」

二月は季節的にも厳しく受験生にとっても試練の時、また一般の方々には「二、八」といって事がうまく行かない月と言われます。そう言う時ですから、思うように動かず、「いつまで!?」って思うこともあるのではないかと思います。でも「事が動かず、神様も自分のことをお忘れになっているのではないか」というのは違うのです。


1.先ず目に見えない部分がちゃんと動いています。

例えば、落葉樹は真冬になるとすっかり葉っぱを落としてしまい、外側には何も変化が見られません。しかし目には見えない大地の中には次の春の成長のために、根をもう一回り長く延ばしているのです。「事が動かない」というのも、見える部分だけの話なのです。


2.「神の時」が来ていないからです。

確かに事態が動かないように見えるときがあります。そんなとき焦るのですが、焦っても、どうにもなりません。要するに「神の時」が来ないなら、人間的に色々ともがいても、事は成りません。しかし「神の時」が来れば、周りがどうあがこうと事は動いていくのです。有名な聖書の一節に「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある」(伝道者の書3章1節)とある通りです。


3.静まって反省するときです。

 聖書の言葉に「順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ」(伝道者の書7章14節)

とあります。事が動かない時にすべき事は「反省」だというのです。この反省は、自分が悪かったというような思いではなく、今まである程度生きてこれた自分の生き方とは異なる生き方や方法を神が示し、更なる高い道を歩ませるために、事動かないようにしておれる、それに気づくべき時でもあるのです

ですから、どうぞ神の御心を知られて心平安に過ごされますように。


「天が地よりも高いように わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い」(イザヤ55章9節)

                           牧師 中 西 正 夫

posted by kbcc-monthly at 12:51| Comment(0) | 今月のメッセージ

2017年01月01日

第168回 2017年1月のメッセージ 「新しい視点で、新しい年を」


「新しい視点で、新しい年を」音声で聞く。

「新しい視点で、新しい年を」

あけましておめでとうございます。新年を迎えましたが、今年はどんな年にしたいですか。「2017年は、今まで以上に良い年にしたい。」誰もがそう願うのではないでしょうか。

新たな思いで頑張るのは素晴らしいことですが、大抵の場合長続きせず、暫くすると不満やストレスが溜ります。周囲の環境が大きくは変化しないためです。そのうち意欲も下がり、新年の決心も揺らぎます。これまでと同じです。新しい生き方を始めるには、新しい思考を持たなければなりません。すると、環境が変化しなくても、喜びと感謝をもって生きることができます。聖書は私たちに、その新しい思考(視点)を提供してくれます。

先日、私はイ・ヒアさんという韓国人女性の記事を読みました。彼女は生まれつき腕が短く、下半身も両脚とも膝から下がありません。幸い、母親に勧められ、5歳からピアノを始めることになりましたが、それは私たちの想像を絶するような大変なことでした。というのも、彼女には指が左右とも2本しかないのです。アザラシ肢症というそうです。心と体も弱り、ピアノからも遠ざかる思春期の時期もありました。どんなに辛い日々だったことでしょう。

しかし彼女は今、韓国はじめ、日本や世界各国で活躍しています。インタビューにも笑顔で答え、彼女の演奏を聴いた多くの人々が「希望に満ちた音色だ」と口にします。その演奏のパワーはどこから来るのか?その背景には、聖書から得た新しい思考(視点)があります。

聖書には、こんな話があります。「弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。『先生、彼が盲目に生まれついたのは、誰が罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。』 イエスは答えられた。『この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。』」(ヨハネ9章2-3節)ヒアさんは聖書からこの事を知りました。「身体の障害というのは罪と関係がない。身体の不自由な自分にも、神の計画があるのだ。」

彼女のビジョンは「『神様はいない』という人に神様が生きていることを伝えること」です。実際、彼女を通して神様を知った人々は世界に沢山います。彼女は今、生き甲斐と喜びを得、彼女にしかできない方法で希望を伝えているのです。新しい視点を聖書から受けたのです。

2017年、神はあなたにも素晴らしい計画を立てておられます。あなたもぜひ、聖書を手に取られ、神が用意しておられるあなたへの祝福を受け取って下さい。心からお祈りします。

伝道師 後藤献四郎

posted by kbcc-monthly at 00:00| 今月のメッセージ

2016年12月01日

第167回 12月のメッセージ 素晴らしい喜びのメッセージ


早いもので今年も最後の月になりました。12月は色々なことのしわ寄せもやってくる月でもありますね。思うようにいかなかった、光が見えない、と失望落胆、時に涙する時もあるかもしれません。でも2千年前の最初のクリスマスの夜に全世界に発信されたメッセージが聖書に記されています。

「恐れることはありません。今、私はこの民全体のための素晴らしい喜びを知らせに来たのです。今日ダビデの町で、あなたがたのための救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです」(ルカ2章10,11節)


それはいかなる人にももたらされる素晴らしい喜びのメッセージなのです。
このキリストがもたらして下さる「素晴らしい喜び」を以下に記しますと:
1.人類最大の不安である死に打ち勝つ永遠の命の喜び
2.あなたのためなら命を投げ出すほどの大きな愛で愛して下さる喜び
3.死後にある神の裁きから解放する罪の許しの喜び
4.あなたの人生の孤独や恐れの時にも共にいて解放して下さる喜び
5.不安な問題の中にも消えない平安が与えられる喜び
これがイエス・キリストが十字架と復活によってもたらして下さったあなたに贈る「素晴らしい喜びメッセージ」なのです。しかもこれらは無代価なのです。
ぜひあなたもクリスマスが祝われる12月の日曜日、教会においでになってこの素晴らしい喜びをご自分のものとされますようにお祈りいたします。
        牧師 中 西 正 夫
posted by kbcc-monthly at 00:00| 今月のメッセージ